本と紅茶

本とメガネ

Book Review

本と落葉

読書日記

本棚

Good Books to Read

本とコーヒー

気ままに読書

  • 2019年9月16日

川端康成『散りぬるを』(1934)

 初出は、1933(昭和8年)年。  ある作家が、5年前に殺された二人の若い女の殺人事件の訴訟記録をもとに、犯人の心理を推察していく、という話。二人への感傷的な思い出を交えながら、残された記録から犯人の精神状態と犯行の動機を探っていく。 しかし、それは多分に作家の想像力を交えたもので、決して科学的な […]

  • 2019年9月15日

川端康成『片腕』(1964)

 ふと私には、この片腕とその母体の娘とは無限の遠さにあるかのように感じられた。この片腕は遠い母体のところまで、はたして帰りつけるのだろうか。私はこの片腕を遠い娘のところまで、はたして返しに行き着けるのだろうか。  ある若い女から片腕を借りてくる物語。  片腕を借りてくるという奇妙な主題は、何かの象徴 […]

  • 2019年9月14日

川端康成『眠れる美女』(1961)

 三島由紀夫は、新潮文庫版に解説を寄せて、この作品を次のように評している。  『眠れる美女』は、形式的完成美を保ちつつ、熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品である。デカダン気取りの大正文学など遠く及ばぬ真の頽廃がこの作品には横溢している。  この作品は、これ以上ない閉塞状態をしつ […]

  • 2019年6月2日

井伏鱒二『本日休診』(1950)

 舞台は、東京鎌田、六郷川沿いにある産婦人科医院。戦災で焼けた医院を立て直して、新たに再出発した。 医師の八春は、甥の伍助に院長の座を継がせて病院経営を任せている。自分は後見人に退いた。が、なぜか院長の伍助よりもはるかに忙しい―――  終戦間もなくの下町風情を描いた風俗小説。作品の発表後、すぐに映画 […]

  • 2019年6月1日

井伏鱒二『遙拝隊長』(1950)

「ばか野郎。敵前だぞォ、伏せえ」  元陸軍中尉の岡崎悠一は、通りすがりの人々に誰彼と見境なく、突然、怒鳴りつけ、戦時中さながらの号令を発している。彼は、戦争がいまだに続いていると錯覚している。。。  この作品は、昭和25年(1950)、戦争の記憶もまだ生々しい頃に書かれている。負傷して帰還し、戦後、 […]

  • 2019年5月21日

井伏鱒二初期短編

 飄々として、軽妙な人物像。淡々として、起伏のない情景描写。 何が面白いのか、と言われれば、説明に困るような作品。。。それが井伏鱒二の短編に感じることだ。 しかし、文章は平易かつ的確で、目の前にありありと情景が浮かんでくる。この描写の巧みさが、この作家の魅力なのだろう。  井伏鱒二は、早稲田文学部に […]

  • 2019年5月20日

井伏鱒二『山椒魚』(1929)

度重なる改稿  初出は『幽閉』という題で、1923年(大正12年)に早稲田の同人誌に発表されたもの。その後、大幅に改稿されて、1929年(昭和4年)、『山椒魚』という題で再発表された。  現在、一般的に読まれているものは、この昭和4年発表時のもののようだが、この作品は、その後、度々著者によって改筆が […]

  • 2019年4月23日

スピノザ『神学・政治論』(1670)

思想・表現の自由を保障するための条件  スピノザといえば。。。  人格神を認めない理神論・汎神論と自由意思を否定した徹底した決定論 ―――  という印象が強いが、実際、スピノザの著作に触れてみると、どうもそんなに単純ではないようだ。  こうした教科書的理解は、スピノザの主著『エチカ』からきたものだが […]

  • 2019年2月7日

カフカ『アメリカ』(1927)

『アメリカ』という題名  この作品は、カフカの親友マックス・ブロートによってカフカの遺稿が編纂され、1927年に『アメリカ』という題で出版された。 現在では、『失踪者』という題で出版されているが、どうも自分には、この『アメリカ』という当初の題に愛着がある。  残された手記から、カフカがこの小説を『失 […]

  • 2019年2月5日

カフカ『審判』(1925)

「日常」という目に見えない負担  Kにとって訴訟とは何だったのか。 この訴訟には、終わりも見えなければ、進展も見えない。それでいて、生きている以上、ずっとつきまとって離れないものだ。ただ重い負担となって、ずっとKにのしかかっている。  Kの生活は、訴訟を中心にして回っている。すでに「日常」の一部とな […]