CATEGORY

哲学談戯

  • 2015年4月3日

フロイト『人はなぜ戦争をするのか』(1932)

フロイト『人はなぜ戦争をするのか』(2008)  第一次世界大戦以降のフロイト後期の作品を集めた論文集。フロイトは、第一次世界大戦に直面して、人間の破壊的な欲望をまざまざと見せつけられ、それを契機にタナトスという死への欲動を理論化していく。その過程の作品を中心に編まれている。 外傷性神経症の発症   […]