MONTH

2019年9月

  • 2019年9月16日

川端康成『散りぬるを』(1934)

 初出は、1933(昭和8年)年。  5年前に殺された二人の若い女性――― ある作家が、二人への感傷的な思い出を交えながら、事件の訴訟記録をもとに、犯人の心理を推察していく、という話。残された記録から犯人の精神状態と犯行の動機を探っていく。 しかし、それは多分に作家の想像力を交えたもので、決して科学 […]

  • 2019年9月15日

川端康成『片腕』(1964)

 ふと私には、この片腕とその母体の娘とは無限の遠さにあるかのように感じられた。この片腕は遠い母体のところまで、はたして帰りつけるのだろうか。私はこの片腕を遠い娘のところまで、はたして返しに行き着けるのだろうか。  ある若い女から片腕を借りてくる物語。  片腕を借りてくるという奇妙な主題は、何かの象徴 […]

  • 2019年9月14日

川端康成『眠れる美女』(1961)

 三島由紀夫は、新潮文庫版に解説を寄せて、この作品を次のように評している。  『眠れる美女』は、形式的完成美を保ちつつ、熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品である。デカダン気取りの大正文学など遠く及ばぬ真の頽廃がこの作品には横溢している。  この作品は、これ以上ない閉塞状態をしつ […]

  • 2019年9月2日

川端康成 短編作品

『イタリアの歌』  1936年の初出。 川端の代表作『抒情歌』(1932)と同じく「死とそれを受け入れるもの」という主題を引き継いだ作品。だが、この作品の「死」の方がより唐突だ。死を受け入れる側は、突然のことに茫然とし、感情さえ失っているように見える。  不慮の火災事故を引き起こした戦争医学博士の鳥 […]

  • 2019年9月1日

川端康成『花のワルツ』(1937)

 チャイコフスキーのバレエ曲「花のワルツ」を舞台で踊る二人のバレリーナ、鈴子と星江。 二人は舞台の主役であり、振り付けも二人のために考えられたものだ。若い二人はまだ未熟で、互いを認め信頼しつつも、感情の起伏に流されて、舞台袖で言い争いになってしまう。 ここで二人の対照的な性格の違いがはっきりと描かれ […]