MONTH

2015年4月

  • 2015年4月21日

格差問題を食い物にする人たち その2

山田昌弘『希望格差社会』(2004) 文明批評を根拠に語る経済問題  発表当時、非常に話題になり、かなり売れた本だが、内容自体は極めて粗雑で流行語を作ったということ以外には何の価値もない本。  著者は […]

  • 2015年4月20日

格差問題を食い物にする人たち

三浦展『下流社会』(2005) 実態調査ではなく、意識調査  総中流化の「1955年体制」から階層化の「2005年体制」へと社会は変化している、というのが著者の基本的な認識だ。 だが、それを裏付けるた […]