MONTH

2020年1月

  • 2020年1月25日

井伏鱒二 短編作品 その3

『おんなごころ』  太宰が私に対して旧知の煩わしさを覚えていたことを私も知っていた。敗戦後の太宰は、外見だけのことであるが、まるきり人違いがしているようであった。私だけでなく、以前からの親しい友人たちにも、たいていの旧知の煩わしさを感じているようだった。  太宰治とは旧知の仲であり、師弟関係でもあっ […]