MONTH

2016年3月

  • 2016年3月20日

Roy Rogers

 YouTubeを見ていてたまたま見つけた動画。Roy RogersというMusician。  検索してみるとRoy Rogersっていう同名の50年代に西部劇で俳優としても活躍したCountry Singerがいるらしく、その情報ばっかり引っかかってくる。けれど、知りたいのは、そっちではなくて、B […]

  • 2016年3月4日

デカルト『哲学原理』(1644)

新たな世界像の構築  『方法序説』(1637)、『省察』(1641)と哲学的探究を続けてきたデカルトは、1644年、『哲学原理』を刊行する。この著作は、新たな形而上学の構築と、スコラ的自然観に取って代わるべき機械論的、数学的自然観を展開することが狙いで、デカルトの思索の集大成と呼ぶべき作品だ。  極 […]

  • 2016年3月3日

デカルト『省察』(1641)

Je pense, donc je suis. – cogito ergo sum 我思う故に我在り  西洋哲学史の中でも、とりわけ有名なこの言葉は、近代理性の出発点であり、近代哲学の幕開けを告げるものだ。デカルトの思想は、この言葉とともに、近代的な明晰さの象徴として理解されている。   […]

  • 2016年3月2日

デカルト『方法序説』(1637)

デカルトと中世  デカルトの哲学は、近代哲学の出発点だ。 代数学の発明、心身を分離した二元論、機械論的な身体論、数学的、力学的な自然観——— これらはすべて、近代的世界観の基礎をなしている。近代合理主義が彼の思想から始まったと言われるゆえんだ。デカルトの哲学は、現代では、合理的な精神に基づいた思考の […]

  • 2016年3月1日

デカルト『情念論』(1649)

受難、受動、情念  ラテン語の語源的文脈から言うと、西欧諸言語のpassionという言葉は、「受難」「苦しみ」という意味から来ている。苦しみを受けるという体験が、「受動passion」という意味になり、さらにその経験から引き起こされる激しい感情から、「情念passion」という意味にまで広がった。  […]