Blues Rockの最高峰 Sonny Landreth – The Road We're On (2003)

Sonny Landreth – The Road We’re On (2003)

 このalbumを聞いたときは、ほんと、衝撃的だった。

 Bluesって、こんなカッコイイのか!って思ったきっかけだった。
 いまだにこのalbumを超えるBlues Rockの作品は聞いたことがない。おそらく、現時点でのBlues Rockの最高峰じゃないかと勝手に思ってます、はい。

 演奏はほぼguitar、base、drumsだけという非常にsimpleな構成。
 Sonny Landrethは、heavy glass slideを使った独特のslide guitarの演奏を特徴としているmusicianだが、ともかくその音色が非常に独特。まさにguitarが「鳴く」といった感じ。彼のこのslide guitarが、唸るような高音とまるでbaseのような重低音を自在に出していてホント圧巻の一言っ!

 もう一曲目のTrue Blueからシビレてしまった。

True Blue


 Sonny Landrethの代表曲、Congo Square。

Congo Square


 下の動画は、Cross Road FestivalでEric Claptonと競演した際のもの。このalbum『The Road We’re On』からPromise Landという曲(いかにも南部っぽいtitleだ)。二人のguitarの掛け合いは、ホント必聴!

Promise Land