ブルースとフランス音楽の関係 – Clifton Chenier “The King of Zydeco”

アコーディオン

 Clifton Chenier (June 25, 1925 – December 12, 1987), a Louisiana French-speaking native of Opelousas, Louisiana, was an eminent performer and recording artist of Zydeco, which arose from Cajun and Creole music, with R&B, jazz, and blues influences. He played the accordion and won a Grammy Award in 1983.

 He was known as the ‘King of Zydeco’, and also billed as the ‘King of the South’.

Clifton Chenier – Wikipedia

 フランス語と英語をゴチャゴチャに混ぜた歌詞、アコーディオンの演奏、そしてブルース―――

 初めてクリフトン・シェニエ(Clifton Chenier)を聞いたのが、いつだったのか、すっかり忘れたけれど、これこそルイジアナの音楽だ!って思ったのは、なんだか今でも覚えてる。

 ルイジアナに関して自分が知ってることなんてほとんどなくて、ジャズ発祥の地ニューオリンズがあるところ、かつてフランスの植民地だった地域、フランスの文化が今でも残っていて、ジャズはフランスのワルツとブルースが融合して生まれたとか、そんな程度。

 なんだけど、クリフトン・シェニエを聞いたときは、ブルースからジャズやR&Bへと変化していく進化の欠けた部分(Missing-link)を発見したような気になった。(まぁ、実際はそんな変化の仕方をしたわけではないんだろうけど。)

 クリフトン・シェニエの基礎(background)となっているのは、ザディコ(Zydeco)という音楽。
 ザディコは、ルイジアナで地元の祭り(festival)や集会などで演奏されていた郷土音楽。フランスのワルツやツーステップを基礎にしていて、主にdance musicとして演奏されていた。そして、黒人訛りのフランス語で歌い、アコーディオンで演奏するというstyleだ。このアコーディオンがいかにもフランス的。
 この一地域の郷土音楽でしかなかったザディコをアメリカ全土へ、さらには海外へと広めるきっかけを作った人物がクリフトン・シェニエだ。

 シェニエは、もともとModern Bluesを志向していたようで、ザディコにジャズやブルースの要素を取り込んで演奏していた。彼は、ザディコにピアノやエレキギター、ベース、ドラムといった楽器を持ち込んで演奏した最初の一人だったらしい。それが、ザディコの様式(style)を大きく変えることにつながっていった。今ではModern Zydecoの第一人者といわれている。

 一応、クリフトン・シェニエのアルバムは、ブルースに分類されているみたいだが、彼の演奏を聞いてみると、一般的なブルースの印象からはかなりかけ離れている。一言でBluesといっても、ほんとに幅が広い。

 もともとZydeco自体がかなり独特な音楽だということもあるかもしれない。
 今聞いてみると、ワルツの要素が強くてdance musicとしての名残りを多く留めているように思う。

 貴重な映像がYouTubeに上がってた。やっぱり、こうして聞いてみると、ジャズやブルースってフランス音楽の影響が意外と大きかったのかなーって思う。