MONTH

2019年1月

  • 2019年1月18日

カフカ短編小説 その2

『皇帝の使者』  死の床にある皇帝が、一介の市民に過ぎないあなた(Du)に宛てて伝言を送る。だが、その伝言を預かった使者は、懸命に駆け続けているにもかかわらず、決してあなたにたどり着くことはない。何千年もの間。。。 それでもあなたは、皇帝の伝言(Botschaft)を待ち続けている。  例によって、 […]

  • 2019年1月18日

カフカ短編小説

 カフカは、未発表や未完成作品を含めて、数多くの短編を残した。カフカの短編小説の多くは、寓話(parable)と呼ぶべきものであって、話の筋や流れ自体にほとんど意味がない。そのため、その話が何を物語っているのか、いろいろと解釈する必要がある。  実存主義、ユダヤ教、20世紀初頭のプラハ、病と孤独、複 […]