ハリケーンカトリーナからの復興を願って Sonny Landreth – From the Reach (2008)

ハリケーン

Sonny Landreth – From the Reach (2008)

 2008年に発表した作品。
 Sonny Landrethが自分自身のlabelを立ち上げて、最初のalbumになった。初の独自labelということで、Sonny Landrethに関わりの深い多くのmusicianが参加している。Jimmy Buffett, Eric Clapton, Robben Ford, Vince Gill, Eric Johnson, Dr. John, Mark Knopfler, Nadirah Shakoorといった錚々たる面々だ。

 全体としてmiddle tempoのRockが中心。BluesやCountry、Cajunといった要素は控えめといった感じかな。

 作曲の面では、2005年にアメリカ南東部、特にルイジアナ州に大きな被害をもたらしたハリケーンカトリーナの影響が色濃く窺える。ルイジアナの甚大な被害とその後の政治的な混乱を目の前にして、それを歌にしたものが多い。

 ルイジアナの復興を願って作った作品という意味でも、彼自身にとって特別な意味を持ったalbumになったに違いない。

 一曲目の “Blue Tarp Blues” がのっけからカッコイイ!
 Blue tarpとは、事故現場などで使われている、いわゆるブルーシートのこと(ブルーシートは和製英語)。
 ハリケーンカトリーナが通過した後のルイジアナの惨状を彷彿とさせる曲。

Blue Tarp Blues


 下の動画は、Recorded Live in Lafayetteで演奏した際のもの。ÜberessoというInstrumental。これがまた神業的なguitar play!この一曲のためだけでもalbum買う価値あります!!

Überesso