電子書籍の未来

電子書籍とコーヒー

 アメリカでKindleが発売されて話題になっていたのが2008年頃、日本でも電子書籍の時代が来ると騒がれていたのが2010年頃、日本のAmazonでKindleの発売が開始されたのが2012年。

 で。

 現在、2015年。さっぱり電子書籍が広まる様子がない。。。
 電子書籍の数も少なく、値段も高いままだ。

 私自身は、完全な電子書籍肯定派だ。蔵書はなるべく電子化しようと思っているし、書籍は今後できる限り電子書籍で買おうと考えている。

 しかし、さっぱり流行らない。。。これだと怖くて電子書籍が買えない。というのも、電子書籍は、配信している企業が事業撤退したり、倒産したりすると、今まで購入したものが閲覧できなくなる可能性があるからだ。

 電子書籍は、閲覧権を購入しているという形になっているらしい。それは、platformを提供する企業に作った自分のaccountに紐付けられている。
 ってことはだ。つまり、そのAmazonなり、Appleなり、platformを提供している会社がつぶれたら、それと一緒に自分の閲覧権も消えてなくなるということだ。

 もちろん、今のところ、これはただの杞憂だと思う(ただし、楽天のKoboは例外)。これを心配するのは、銀行が潰れるのを心配して、預金できなくなるのと一緒だ。AmazonやAppleのような企業が倒産するとは、とてもではないが思えない(ただし、楽天のKoboは例外)。
 銀行が潰れても、預金が保護されるように、閲覧権も企業が倒産した際には、別の会社が引き継ぐなどして、保護されると思う。ただし、楽天のKoboは、事業撤退したらどーなるか分からない((( ;゚Д゚))ガクガク))。

 では、日本で本当に電子書籍の時代は来るのだろうか。いろいろと疑問に感じるので、電子書籍推進派と電子書籍懐疑派の本をそれぞれ読んでみた。(正直言うと、どちらもBookoffで100円で買ってきた古いものなので、大して参考にはならなかったが、一応、備忘録代りにまとめておいた。)

 まずは、推進派の本。

関連記事

[adcode] 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』(2010)  2010年刊行。 2009年10月にKindleが日本に初上陸し、2010年は日本の電子書籍元年になると騒がれていた頃に書かれた本で、電子書籍に対する期待が伝わって[…]

IMG

 そして、懐疑派の本。

関連記事

[adcode] 山田順『出版大崩壊』(2011) 【残念な本】 根拠のない電子書籍懐疑論  2011年刊行。 2010年が電子書籍元年などと騒がれていたが、日本では電子書籍の普及が遅れに遅れ、Amazon.co.[…]

IMG

avatar
  Subscribe  
Notify of