CATEGORY

方々日誌

  • 2015年1月30日

電子書籍の未来 その3 (懐疑派)

山田順『出版大崩壊』(2011) 【残念な本】 根拠のない電子書籍懐疑論  2011年刊行。 2010年が電子書籍元年などと騒がれていたが、日本では電子書籍の普及が遅れに遅れ、Amazon.co.jpで日本語対応のKindleと日本語の電子書籍が販売されたのは、ようやく2012年10月からだ。   […]

  • 2015年1月30日

電子書籍の未来 その2 (肯定派)

佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』(2010)  2010年刊行。 2009年10月にKindleが日本に初上陸し、2010年は日本の電子書籍元年になると騒がれていた頃に書かれた本で、電子書籍に対する期待が伝わってくる。 当時は、既存のメディアを中心に電子書籍に対する批判的な議論が多かった。単に出版、印刷 […]

  • 2015年1月30日

電子書籍の未来

 アメリカでKindleが発売されて話題になっていたのが2008年頃、日本でも電子書籍の時代が来ると騒がれていたのが2010年頃、日本のAmazonでKindleの発売が開始されたのが2012年。  で。  現在、2015年。さっぱり電子書籍が広まる様子がない。。。 電子書籍の数も少なく、値段も高い […]

  • 2015年1月15日

自炊代行業は違法か?

自炊代行業をめぐる裁判  最近、自炊にウンザリしてきていて、自炊代行業者を探しているんだけれど、「自炊代行」で調べていると、裁判関連の記事をよく見つける。出版業界や一部の作家が、電子化や自炊代行行為に反対しているようだ。  しかし、電子化はもう時代の流れだと思う。いまさら逆行はできないだろう。 アメ […]

  • 2015年1月14日

自炊の代行は、「自炊」と呼ぶべきか「他炊」と呼ぶべきか?

自炊とは?  紙の本を裁断し、スキャナーで読み込んで電子化することを「自炊」っていう。データを「自分で吸い上げる」という意味からできた用語らしい。  これ、やってみると分かるが、とほーもなく手間のかかる作業だ。そこで、最近では、この自炊作業を代行してくれる会社がいくつか現れてきた。  「自炊」という […]

  • 2015年1月8日

Hobo – 自由への象徴

(出典: Wikipedia)  ホーボー(Hobo)は、アメリカで19世紀の終わりから20世紀初頭の世界的な不景気の時代、土地から土地へ働きながら渡り歩いた渡り鳥労働者のこと。 Hobo – Wikipedia  アメリカの鉄道建設は、1850年代から始まって、はやくも1869年には大 […]

  • 2015年1月6日

本の置き場

本の山  蔵書がざっと見積もった感じ2000冊を超えてきた。これだけ増えてくると置き場に苦労するようになる。本棚はすべて埋まり、床には平積みの山が幾つもでき、ダンボールにつめたものが幾つもうず高く積み上がっている。  まぁー、こんだけ狭い部屋に、これだけの本を買いそろえたもんだ。我ながら、アホみたい […]